小林麻央さんの乳がんから学ぶことがたくさんあります。

小林真央さんの 選択 した 乳がん治療 は さらに改善中です

小林麻央と北斗晶が乳がん。

松方弘樹が脳リンパ腫。

つんくと坂本龍一が喉頭癌、

渡辺謙が白血病。

桑田佳祐、市村正親と 宮迫博之が食道・胃がん。

(敬称略)

 

 

 

 

日本人の2人に1人はガンと診断されます。 3人に1人はガンで亡くなっています。 (平成26年 厚生労働省の報告書)

ガンの治療には大きく3つあります。

「外科的手術」 「抗がん剤」 「放射線」です。

私の父親は64歳の時 胃ガンのため 胃の三分の二を摘出しました。

その後、 TS-1、 パクリタキセル、 タモキシフェンといった抗ガン剤治療をしました。

しかし ガン細胞は 抗がん剤に耐性を持ちます。

最後は使う抗がん剤がなく、 免疫療法を受けました。

樹状細胞免疫療法です。 加えて、温熱療法です。

結局、 リンパ節からの転移が 全身に広がり 72歳で亡くなりました。

しかし

この時の経験を生かして、 小林真央さんに向けた 記事をいくつか書くことができました。

www.therapy-for-cancer.com

本人が見たかどうかは分かりませんが、 免疫療法と 水素水による温熱療法を 選択されました。

私の父親の時も 小林真央さんの場合にも 免疫療法が 結局効いたのかどうかは?です。

しかし

ここ数年で ガン免疫療法が劇的に良くなっている ことだけは確かです。

効果が高まってきています。

免疫療法には 大きく分けると3つあります。

ワクチン療法

異物を体内に入れることにより身体の免疫反応を起こして 同時にがん細胞をやっつけようという考えです。

異物として、 死んだ細胞やウィルスを使う場合と 分子やタンパク質を使う場合とがあります。

一昔前に流行った 丸山ワクチンもこのカテゴリーに入ります。

今はもう少し工夫されており、 がん細胞特異的なタンパク質を使ったり、 もっと小さなペプチドを使ったりします。

vaccine

抗体を使った療法

現在最も進んでいるチェックポイント阻害剤(PD-1)は、 このカテゴリーに入ります。

皮膚のがん細胞(メラノーマ)の患者さん、 32人に治験を行ったところ なんと56パーセントの人にがんの縮小、 もしくは がん細胞の増殖が抑えられたのです。

1キログラム当たり 10ミリグラム使用して 2週間に1回の割合で、 この抗体を投与しました。

この試験の結果を受けて 2014年にチェックポイント阻害剤が スピード承認されました。

その後、 2015年3月には 肺がんの一種(小細胞肺がん)にも 適用が認められました(アメリカ)。

日本でも 現在、 チェックポイント阻害剤による 免疫療法が次々と 適応申請されて 広がる予定です。

2017年7月9日現在 胃がんに対して適応申請中。

2017年現在 最終の臨床(フェース3) 試験中は以下です。

食道がん 小細胞性肺がん 肝細胞がん グリオーマ 尿路上皮癌 卵巣がん

細胞を使った療法

がん組織の中に、 白血球が入り込んでいる場合があります。 これを「がん浸潤性リンパ球」と呼びます。

これらのリンパ球は 単に入り込んでいるではなくではなく、 ガン細胞を異物として認識しているために がん細胞をアタックしている途中だと考えられています。

そこで、 この白血球(獲得性T細胞)を採集して、 増やして体の中に戻そうというのが主な考え方です。 アメリカの国立がんセンター スティーブン・ローゼンバーグ先生が 先導して技術が進歩しています。

lymphocyte

photoed by Memorial Sloan Kettering cancer center

画像の中のオレンジ色は 血液中の白血球、T細胞です。 あつまっている場所はガン細胞の表面です。

まとめ

ガン免疫療法の種類を3つに分類しました。

現在では 2番目の抗体療法の技術が すごい勢いで進歩しています。

一方、 1番目と3番目の技術に関しては ミックスした方法が主流に なってきています。

つまり 身体から白血球を取り出して そこで ガン特異的タンパク質やペプチドで刺激してから 身体にまた戻すといった方法です。

樹状細胞免疫療法もこれに当たります。

culture-dishes

いずれにしても これまでは 免疫療法はあやしい、 効く人と効かない人の差がはげしい。 といったイメージでした。

しかし

ここ数年で ガンの種類にもよりますが、 外科的手術、 放射線治療、 抗がん剤治療と並び 免疫療法を積極的に 使っていく時代になってきました。

女性自身 からみた情報の伝え方. 小林麻央さんの水素温熱免疫療法の記事

小林麻央さんが通った Aクリニックが 「無届け医療」で業務停止命令 との報道がありました。

ちなみに Aクリニックとは 表参道首藤クリニックです。

できるだけ薬に頼らず、自己治癒力を高める医療を目指す「表参道首藤クリニック」

表参道首藤クリニックのホームページより引用。 f:id:babykazu:20170704074546j:plain

2017年7月4日 女性自身の記事より。

jisin.jp

業務停止命令の原因となったのは 「さい帯血治療」です。

小林麻央さんが 受けていたのは 「水素温熱免疫療法」です。

業務停止命令の原因となった 「さい帯血治療」とはまったく別です。

女性自身のタイトルだけ見ると 誤解を与えかねません。

科学・研究の世界でも 結果の一部分だけを切り取ることは グレーゾーンとなっています。

最近は 「全体の画像を提出しなさい」と 審査員から指摘を受けます。

報道関係者が 結果の一部分を切り取る行為は そこに「意図」があります。

売りたい。 人を引き付けたい。

女性自身では こんな素敵な記事も 書けるのです。

以下女性自身

jisin.jp

より引用。

「私は父を病院で亡くしてるので。病院のときとは違う、家族の中で、家族と共に一緒に居られた時間というのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思います」   会見で夫の市川海老蔵(39)は涙ながらにそう語った。   小林麻央さんが逝ってしまった。まだ34歳。7月21日の誕生日は目前だった。6月22日夜、海老蔵に、長女・麗禾ちゃん(5)と長男・勸玄くん(4)。そして麻央さんの両親と姉・麻耶(37)。愛する人たちに見守られて、麻央さんは静かに息を引き取った。   今年1月に一度は退院するものの、4月22日に容体が悪化し、緊急入院した麻央さん。市川家に近い知人は「こどもの日までには退院したいというのが麻央さんの希望でした」と言う。だが、容体は日に日に悪くなった。   「ゴールデンウィーク中にも、麻央さんは危篤状態に陥ったそうです。すぐに、家族全員が病院に呼び出されました。呼ばれるということは“最悪”を覚悟せよということです。團菊祭の真っ最中だった海老蔵さんも飛んできたそうです」(前出・知人)   “ママ”“麻央”。それぞれの言い方で、家族は麻央さんを呼び続けた。そして、呼びかけに応えるように彼女は再び目覚めた。   「麻央さんの容体が安定し始めたんです。もう一度、海老蔵さんや子供たちと一緒に暮らいて、生きていきたい。そんな強い思いで、麻央さんは持ち直したに違いありません」(前出・知人)   「家に帰りたい」。意識を回復した麻央さんは強くそう希望していた。快適でも病室にはない家族の温もりが自宅にはあった。   「いつ危篤になってもおかしくない状態でしたが、麻央さんは懸命に耐えた。比較的容体が安定し、5月29日に帰宅することがかないました。海老蔵さんが迎えにきて、仲よく帰っていったと聞いています」(医療関係者)   「家族といたい!」。麻央さんの強い思いが奇跡を生んだ。退院して1カ月、麻央さんにとって、苦しくとも幸せな日々だった。子供たちにとっても夢のような時間だった。遠くから子供たちの声が聞こえてくる。部屋にやって来ては、新しい宝物を見せてくれたり、足をさすったりしてくれる。朝、麻央さんの容体を主治医に報告するのは海老蔵の仕事だ。舞台や稽古を終えて帰宅すると、真っ先に麻央さんの顔を見に来る。はかなくも幸せな時間だった。   「がんの顎への転移のために、しゃべることがつらく、筆談をしなければならないことも多かったそうです。自宅の中を移動するときも車椅子に頼っていました。想像を絶するような苦しい闘病でしたが、家族の側にいれて、麻央さんは本当に幸せだったそうです」(歌舞伎関係者)   だが、6月22日の夕方に容体が急変する。義母は海老蔵に連絡するが、稽古の真っ最中だった。稽古後に連絡に気付いた海老蔵は家に急いで飛んで帰ると、麻央さんは帰りを待っていた。   「愛している」   いまわのきわ、麻央さんは海老蔵にそう伝え、旅立っていった。麻央さんの家族愛が生んだ奇跡の1カ月は子供たちにとってかけがえのない宝になった。

報道の仕事をされている方は 素敵な記事 読んでいてホッとする記事 心が暖かくなるような記事を 増やしていってほしいです。

小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします

小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

 

小林麻央さんの選択された

治療法、

食事内容、

在宅医療。

 

どれをとっても

現在のガン医療の

最先端だったと思います。

 

 

人間は100%亡くなります。

この事実を変えることはできません。

 

しかし

治療法や食事内容

または

医療システムを

変えることはできます。

 

 

 

 

たくさんの方に

ブログを読んでいただき

ありがとうございました。

 

今後も

脳科学者として 

別のブログサイトで

情報を発信してきます。